【3%OFF】ブナコ専門店 -bunaco select(ブナコセレクト)- お洒落なインテリア・照明・テーブルウェア。プレゼント・ギフトに!

初音ミクの生の声をFaggioで聞きたい

Faggioで初音ミクを聴く

そもそも、初音ミクってだ〜れ?

・・・と言う方に、ちょっと説明。ご存知の方は飛ばして次をご覧ください。

プロフィールは次の通り

  • 年齢: 16歳
  • 身長: 158cm
  • 体重: 42kg
  • 得意ジャンル: アイドルポップス / ダンス系ポップス
  • 得意な曲のテンポ: 70-150BPM
  • 得意な音域: A3-E5
  • 誕生日 8月31日

と、言うのが公式プロフィールだが、バーチャルのアイドルである。誕生の経緯はこうだ。

2007年8月31日に、音声合成システム『VOCALOID2』(ボーカロイド)を採用した女声の歌声を合成するWindows専用のソフトウェアを発売した。歌手としての身体を与えることで声にリアリティを出し、バーチャルアイドルとしてキャラクター付けしている。
「キャラクター・ボーカル・シリーズ(CVシリーズ)」第1弾で、初音ミクは「未来的なアイドル」をコンセプトとしてキャラクター付けされた。
名前の由来は、未来から初めての音がやって来るという意味で、「初めての音」から「初音」、「未来」から「ミク」と名付けられた。

Faggio

雑誌「HiVi」で、初音ミクをFaggioで聴いた記事が掲載されていた。

初音ミクの記事掲載雑誌

生身のアイドルが唄っているように聞こえる

初音ミクの声は、元々、声優さんの声をサンプリングして作った音なので、デジタルの域を脱することはないはずだ。
ところが、このブナコ製のFaggio(ファッジョ)というスピーカーから出てくる初音ミクの唄声は肉感を持った人間の声に聞こえると言う。雑誌ではこう表現している。


・・・・「天使の声かもしれない。」


初音ミクと言うアイドルが実在すれば、きっとこういう生の唄声なのだろう。そんな、感慨をもつに違いない。


デジタルの合成音が、肉体を持つ生のアイドルの声の様に聴こえてくる。その構造から音の雑味を取り除いて、よりクリアに、よりストレートに表現出来るブナコ独自の製法がなせる結果なのかもしれない。


記事では、ファッジョの音質にも触れている。
ファッジョのウッドコーンのスピーカーは、ナローレンジだが、そのおかげで、コンプレッションをかけたように声の密度が強まって、肉感が増して聴こえると。


さらに、生身の唄声での生々しさがないのがヴォーカロイドの魅力のひとつだが、「これはもう別の魔力だ。」とも表現している。
存在感や肉感、音の厚みと言った、本来ヴォーカロイドには持ち合わせていないはずのファクターを表現してくれたブナコのスピーカーFaggio(ファッジョ)の、フルレンジとは違ったナローレンジゆえの良さ、パワーを絶賛してくれています。


最後に、「ブナコスピーカーの一発パンチで完全に圧倒されました。」と締めています。


参考文献:HiVi2012.4月号夏目利明著「テクノでボーノno.079」

初音ミク

天使の声を体感しよう!

正直言って、このページを編集している私は、初音ミクと言うバーチャルアイドルは名前くらいの認識しかなかった。 何やら、ネット上の架空の女の子でバーチャル・アイドルらしい。そして、結構人気があるらしい。と、その程度。

だが色々と調べるにつれ、その本当の人気度に驚かされる。少し侮っていたところはあったが、その広がり、精度、深度、 全てにおいて私の想像をはるかに超えていた。
パソコンで見た「初めての初音ミク」は、バックバンドを従えてのライブバージョン。まるで本当のライブを見ているかの様な楽しみが凝縮されていた1枚だった。歌あり踊りありは勿論だが、オーディエンスとの掛け合いあり、バンドメンバーの紹介もあり、なかなかの力作で凄く楽しめました。

そこから先、誰もが更なる初音ミクを追求したいと思う気持ちが痛いほど良く分った。
「体感するスピーカーFaggio」を通して聴く初音ミクは、きっと「天使の声」で誘惑をして貴方の心をわしづかみにするかもしれない。
その体感は、肉感のあるリアルな初音ミクを想像させるに違いない。至極の楽しみになるはずだ!

Faggio

ページ
TOPへ